原因その1 殺菌力が強すぎた

薬用石鹸であるミューズには、たくさんの薬用成分が配合されています。
たとえば、トリクロサンや、トリクロカルバンなどです。

これらは殺菌成分で、お肌の菌を殺してくれる成分です。

ニキビはアクネ菌が原因となっているので、ミューズの殺菌成分でアクネ菌を殺菌するのはいいのですが、殺菌効果が高いため、常在菌というお肌を守ってくれる菌まで死滅させてしまうようです。

常在菌がなくなることで、お肌はダメージを受けやすくなり、炎症を起こしやすく、ニキビができやすかったり、悪化しやすくなってしまいます。

原因その2 界面活性剤

ミューズには、界面活性剤が含まれています。

界面活性剤は、水と脂を乳化させて落としやすくしてくれる働きがあるのですが、界面作用が強いので、お肌にとって必要な皮脂も洗い流してしまいます。

そうすることで、お肌のバリア機能が低下してしまい、お肌が敏感となり、ニキビができやすくなったり、悪化しやすくなってしまうというわけです。

ニキビなどができやすいお肌には刺激の少ない石鹸を使用することが大切のようです。

原因その3 すすぎ残し

ニキビの予防や改善には、清潔にすることが大切です。

清潔にするために石鹸を使用し洗顔することはいいことなのですが、石鹸をしっかりとすすがずに石鹸成分がのこってしまうと、ニキビやお肌にとって悪影響を及ぼしてしまいます。

石鹸で洗顔したときには、しっかりとすすぐようにしましょう。